いさがわさんからのレポートです。(2014.03)
今回は有志による「看看大連の会」を開催していただけるとのことで久しぶりに大連へ行きました。
3年半振りでしたので経済発展の著しい大連の風景はビックリするような変わりようでした。 2泊3日の短い滞在でしたが駆け足で廻ってみました。
大連にある五重塔(松山寺)、星海広場、港湾広場周辺です。星海広場周辺、大連駅周辺、港湾広場周辺などこれでもかと言うほどの高層ビル建築ラッシュです。以前建てられた幾つかのビルは建設途中で止まっているのではないかと思われるのも見られましたが、需要と供給のバランスはどうなっているのかな。。。
地下鉄はまだ開通していません。来年あたりではないかとの事です。
掲示板の常連さんが開いてくださりました「看看大連の会」、大変たのしく過ごさせていただきました。来年は6月6日だそうです。

   

いさがわさんからのレポートです。(2010.08)
今回の旅行は大幅に対外解放された旅順を主に廻って来ました。
旅順へは朝6:35大連発の普通列車でのんびりと行きました。およそ1時間30分の乗車です。旅順駅から勝利塔、博物館、白玉山、旧関東法院跡陳列館、万忠墓へ行き、帰りはバスターミナルより大連駅北へ。旅順では見れていない場所をまだ多くありますので来年行く事にします。
さて、大連市内は地下鉄の工事で大変な情況です。中山広場も3分の1は工事に使われていますのでいつもの雰囲気とは違っていました。地下鉄工事も影響しているのでしょうが、自動車がますます増えて道路は溢れかえっています。
掲示板にも書きましたが、これまでスリに遭ったことはなかったのですが、今回は公然とスリを行うのに遭遇し唖然としました。犯人は中国人ではなく中東系でしたので、豊かになって来た中国もいよいよ外国人の犯罪の標的になってきたのでしょう。
大連ではバスや路面電車を多く利用します。白髪の私はまだ63歳なのですが年寄りにみえるのでしょうか、若者は必ず席を譲ってくれます。日本ではゆとり教育の結果か大連の若者に比べ道徳やマナー教育が欠如しているように思えました。

    
         旧関東法院跡陳列館              地下鉄工事中の中山広場
yamamaotoさんからのレポートです。(2010.03)
迩好!好久不見了、今月大連、長春に2週間行ってきました。長春は噂には聞いていましたがかなり寒いです。氷点下25度の世界です。大連~長春まで往復AIR代金660元で行って来ました。旧正月前ですがまだ帰省は始まっておらず飛行機はがら空きです。帰りは人は多かった感じです。
今回は大連のホテル情報で今まではホテルに宿泊していましたが最近はモーテル”168元”の会員で安い部屋に泊まっておりましたが、(部屋に窓がありません。)寝るだけとは言いますけど息苦しさを感じがします。
さて1月に2週間大連にて仕事しましたが今度はマンションタイプの部屋を探して宿泊しました。1日:220元で掃除もしてくれます。そして日本料理の出前も出来きるし部屋で料理作れる、洗濯が出来ます。(一晩で乾く)
このマンションは日本人が多いし警備員も24時間警備しております。安全面は最高です。(3星、4星ホテルより安全で便利です。)おかげで焼き飯が出来るようになりました。インターネットも設置してもらい免費です。
今度旧正月明け2月と3月連続で大連に仕事で行きます。マンションの部屋で自分が市場で買った食材を料理するのが楽しみです。得意メニュー焼き飯(コンロの温度が高い、中華鍋だから美味しい、一度試してみてください。
追伸:何時も使ってるマンション写真送っておきます。


1泊(220元)前払い、(通常260元)洗濯、冷蔵庫、電子レンジ、コンロ、鍋、食器、箸、スプーン、毎日掃除付き
東向き(日本料理多し)
ベランダ(外)
インターネット無料、モデム設定必要
コンロ、フライパン(皿、鍋)あり、油、醤油、
塩購入にてフロントに預けている。包丁、
まな板、以上で十分料理(自炊可能)
寝室(1部屋) 湯沸し機(70元)購入
まな板(8元)包丁(7元)
洗濯機(洗剤購入)手動タイプ(1晩で
乾燥する。)タオル付き、(バス、タオル)
シャワー、トイレ設備
今回で前にて(宝一屋)の出前にて外食は殆ど無し。今後台所用品も今回購入する。場所も好条件(中山広場近く)便利である。1分以内の場所
市場もこのビルの地下にありいつでも新鮮購入が出来る。このビルは殆ど日本人(80%以上)駐在員である。

1階は警備員が24時間待機(晩8時以降はカードが無いとエレベーター使えない。安全(警備)面はかなり良いと感じる。

小川さんからのレポートです。(2010.01)
あけましておめでとうございます。遅い、あいさつですが、1月18日から大連行ってきました、ものすごく寒い日が1日ありました、-7でしたよ。天気予報十分注意して、しっかり、した、服装で行かれることお勧めします。北京寄りの黄海は氷の海でした。正月前なので、新世界ホテルのまえですが、ものすごく綺麗でした。ただね、汚いの、道が真っ黒ススみたいので、車タクシーもいつもより大サービスでよごれてますので、乗り降りは、十分注意してください。すこし、さわるだけで、真っ黒になりますよ。服もズボンも。

  

今回寒いので、工場のみなさんで、餃子作ってご馳走してくれました、おいしかったですよ、世界一。
私は、新年なので、今年は、新年から、おいしい餃子にありつけて、今年もいい年になれそうです。

以心伝心さんからのレポートです。(2009.11)
この「看看大連」のサイトが大変大変参考になりました。ありがとうございます。
商用での大連で1日(11/24)にフリーの時間が取れたので電車で市内をぶらり、と思って、、、

~日系企業がひしめく開発区を看たかった~

人民路にあるホテルからバスで大連駅へ[写真1] 駅の表側から快軌大連駅のある裏まで暗い地下道、両側にぎっしり露店が連なる、、、長距離バスのターミナルを通る。[写真2] きれいな駅にきれいな電車だ。[写真3] 保税区駅(料金大連駅から5元)からタクシーに乗り、日系企業のぐるーっとまわって、、、東山観景台へ[写真6]
すこし曇り空でガスってたので頂上までは行かなかった。晴れであればすばらしい眺めのところでしょうね。(このサイトの開発区マップが非常に参考になりました)
途中、MYKAL開発区店[写真5]が5周年記念セールをやっているようだ。大連商場のほかにここにもMYKALがあったんですね。開発区駅[写真4]から快軌で大連駅に向かう。



~大連駅前から路面電車201路線で星海公園をめざす~

前回は泊まったラマダホテルに近いところに路面電車の駅[写真7] 後ろの茶色のビルがラマダ
201路線の最終、興工街駅[写真8]で降り、すこし歩いて202路線に乗り換える途中、ウォルマート[写真9]があったんで寄り道、ここのベーカーリーも美味しいと思い、(オリンピック広場のウォルマートは以前に2回行き、パンがうまかったので、)すこし大きめのパン2個とコーラを買う。[写真10]
202路線の興工街駅[写真11]から再び電車に乗り、星海公園[写真12]へ向かった。夏場であれば海水浴客でにぎわうところだと思いながら、(時計の針は2時に差し掛かろうとしていたんです)
すこし荒れた海と写真を撮る観光客、凧揚げに興じるおじいさんたちを眺め、すこし遅い昼食に買ったパンを貪った。しかし路面電車の停車場にを行き来するのに、オーバーかもしれないけど、命がけやなぁ・・・

~大連現代博物館は、やはりお勧めです。~

星海広場まで歩こうかどうか迷いつつも、星海公園の前の道路を命がけで横切り停車場へ、3駅先の星海広場、ここも間隙を縫い道路を渡る。
広場入り口のモニュメントがなぜか気に入る[写真13] 奥のほうまで行かずに引き返し博物館を探す、、、
大連現代博物館[写真14]このサイトの観光地紹介で、「時間が有れば是非行って見て下さい。」って、気になっていたんで、、、
午後4時に近かったせいなのか、誰も見学人はおらず、ひっそりとした中をゆっくり堪能できたんです。[写真15、16] 大連では案外と穴場の観光スポットかも知れないですよ。パスポートを見せたら、入場料が無料でした。
星海広場の次の駅から路面電車に乗ったんです[写真17] 電車の中で3元で買った地図を広げ位置を確認[写真18]
あぁ~あ、疲れた!



~夜はカラオケに行き、翌日は瀋陽へ~

興工街駅から市内へは、もうタクシーに乗った。宿泊しているホテル[写真21]の隣に2軒の和風居酒屋があるんです。そのうちの1軒で夕食を済ませ、その後カラオケに行ったんです。
25時KTV[写真19]では、5周年記念のイベント[ 写真20]、ってことでダーツを、、、CDをゲット![ 写真23] 翌日は、瀋陽へ汽車で行く[写真22]、、、
~追記~
朝起きたら、すこし雨が降っており気温がマイナスに、、瀋陽はもっと寒いだろう、雪が降ってるかもと不安に思い、8時発の列車に乗り込みました。が列車の中は熱気で暑い、けど瀋陽は寒かった。けどけどこの前は2月に来ている。その時はマイナス20度やったんで、それに比べるとまだまだ、、、

~終わりです~
 海上遊覧は寒くて波が高いのと時間も無かったんで 次に機会にします。

小川さんからのレポートです。(2009.10)
今回大連は、24日から、27日まで、いました。すみません、カメラ忘れまして携帯の画像です、いろんな所で、イベントやってました、60周年の、それで、大連も町中のいろんなところの、クリーン化でしょうか、フラマホテルの裏等いつのまにか、古い建物が立ち退きになり芝生になっていました。
おおきな、サウナもすべて、営業していませんでした。いかがわしい所は、すべて営業していませんでした、聞いた話しですが、女の子相手の商売でしょうか。また、10月8日すぎれば、元に、もどるそうです、みなさん、10月1日から10月8日の週は飲みにいっても、女の子みんな、ふるさとに、帰っているか旅行ですって、北京だそうです。近況ですが、とりあえず。

中国は今、建国60周年で町中にこの、赤い国旗と60周年をかたどった、旗が町中にあふれています。

 
9月27日朝飛行場に行く前、20分ぐらいの集中豪雨で車半分水につかりました。なんとか、空港につきましたが、
中国のみなさん、道路作るとき、排水をもう少し考えて作ってください。初めての経験でした。

小川さんからのレポートです。(2009.06)
久しぶりに、大連いってきました。急ぎの、仕事で、18日から3日で、行ってきました。新型インフルエンザの検査ですが、飛行機搭乗口で、機長らしき皆さんが、出てきて、まず、機内に入る前に、おでこに何やらあてて、体温の測定してます。その時体温の高い方は、クーラーの下に移動させもう一度体温測定、それでも、下がらない場合、なんと、氷水を飲ませ、もう一度測定、下がれば、OKまた、中国到着してから、測定同じようにします。厳重にやってました、ひとりバツがでれば、全員隔離になるので、慎重にやつていると、いってました。
大連に到着して、友人にはなすと、52歳の女性がインフルエンザで第一号が、市内で、発見され、隔離されたと、ニュウスーを聞かされ
飛行機の検査が少し不安になりましたが、あまり、過敏になるのも
どうかと、思いました。中国の景気も、良くなったような気がします。なにはともあれ、景気が良くないとだめですよね。

小川さんからのレポートです。(2009.01)
2009 大連・瀋陽の旅

今回年末の大連、瀋陽、鉄鈴と汽車で行ってきました。混雑を予想して、一等寝台3名で貸し切りました。
チケットは、20元手数料を払い裏技で買いました。

   
ホテルは、新年ムード       朝の大連駅に、タクシーで。空港なみのチェックを受ける

   
いざ、出発です。       車掌さんは、各車両にいるみたいでした。車内販売、とにかく、裂くするめ15元で買いました。
軟座シートは57元でした。かえりは、空いていました。

   
瀋陽やっと着きました。終戦の買出しみたい。そのご、鉄鈴まで移動田舎の最高の料理ご馳走になりました。

  
ビールと川魚のごった煮300元でした。建物の外に特有の説明できない
トイレがありました。-5度昼間、夜19度まで下がると、脅かされ、日帰りしました。
やっと大連に着いたのは10時過ぎていました。

小川さんからのレポートです。(2008.08)
8月19日から21日まで、駆け足で出張いってきました。くしくも、半日休みがありましたので、はじめての、旅順いってきました。旅順の海水浴場平日で、すいていました。このアイス1元です。

 
タクシー入場料1元とにかくきれいでした。 こわいお兄さんタクシーの運転手すごくやさしい人でした。途中の港で、海産物を売っていました、うつぼの、開き2本で35元 子供とふたりで売っていました。 私の大好きな渡り蟹おじさんが量ってくれました。1匹20元名前わすれましたが、ペっタンコのもも、3個6元 アワビのひもの、500g80元シャコ750g25元活アワビ少し小型3個10元アヒルのたまご1個1元でした。おもしろいので、価格調査してしましました。

 

 

 
次回は、市場のまえで、料理してくれるので、是非食べに行きたいと思います。午後タクシーチャターして500元でした。安いのか高いのかわかりませんが、またどなたか、アドバイスしてください。


小川さんからのレポートです。(2008.07)
急ぎの用事があり、大連に8月28日から30日出張してきました。オリンピックにからみ、通関の体験を報告します。

今回友達の子供中国人と日本人の子供が夏休みで、大連に帰るお手伝いで、同行しました。子供だけだと、飛行機代が2倍かかるそうです。丁度、取引先と2名でいくので、引き受けました。10歳と8歳それと、以前紹介しました、志熊(お好み焼きや)さんにたのまれ、いつも、取っている日本のソースを持っていきました。これが、背景です。
通関検査が大変なので、早く飛行場についてくださいと、旅行社にアドバイスされ、2時間前に着きソースも、飛行機会社に確認をとり、厳重に包装して、こぼれないようにして、スーツケースと一緒に、預けました、飛行機は空いていて、子供たちは、おおさわぎ。そうこうしている内に、大連に到着いつもと違い、オリンピックで検査が厳重とゆうこともあり、緊張しました。いつも道理の通関検査そしてスーツケースを取り、ソースを10kgもあるのに、提げて出ようとすると、職員に止められ、中身確認なにやら、伝票を書き始め、食品一番したえ廃棄何を言っても、取り合ってくれません。廃棄わざわざ、飛行機会社に確認して、持ち込んだのに、出口いままで、暇そうな職員が出口のほうを、指差すだけですが、今回10人ぐらいで、レントゲン検査、非常にきびしいです。出入り口も、迎えの人もすべて出入りで検査されます。びっくりしました。それと、大連市内に入る幹線道路拡張工事しています。朝の交通停滞はそうとうなので言葉がわかれば、違う道をとうるか、それとも、1時間ぐらいはやくでるか、標識もなしに、勝手に、工事しているので、旗振りもなし当然大混雑です。帰りは、へんな、聴診器みたいなもので、入り口検査があり、あとは、人手がないのか、レントゲン検査もなくほとんど、フリーパスで、帰りました。以上です。
yamamaotoさんからのレポートです。(2008.07)
中国オリンピックに伴う旅行者への注意入手しましたので連絡致します。(丁度仕事で8月から休日返上して大連行って参ります。)帰国後又状況を連絡致します。
実例:
大連の田舎の方でも小さな民宿に宿泊した出張者が公安に呼ばれ出頭し登録したとの事で聞いております。
いずれにしましても北京だけの話ではないようなのでもしもご予定がおありでしたら事前に確認の上ご出発された方がいいかと思います。ご注意の程お願い致します。
大連は沈陽でサッカーが有るから大連は外人多く成ると思います。(9月末まで要注意です。)
以上大連情報です。
ジェトロの資料

小川さんからのレポートです。(2008.06)
6月27日WEST PARK GOLF CLUBへいってきました。旅順の入り口の非常にみどりのきれいな新しいゴルフ場です。まだ、クラブハウスも工事中のなか、中国では、よくありますが、コースができてくると、プレーをはじめます。日本では、考えられませんね。いい天気でした。本来なら、メンバー同伴が原則とその中無理をお願いして、何とコンペさせていただきました。
初めてのコースで、キャデイー1バックとプロナミ回りだして、気がつきましたが、綺麗なのですが、すり鉢上の中で、コース作って少し無理があったのか、狭い、アップダウンが、すごい、こんなところでも、メンバー集められるのでしょうね。二度とこないかも解らないと、冗談をいいながら年甲斐も無く2ラウンドいたしました。スコアはともかくとして、たいへんでした。あるく日、金石丹ccにいきました。冬にフエアウエーの芝を焼いたみたいで、フエアウエーもラフ状態5センチぐらい芝が伸びて、フエアウエーでもラフの状態です。これで、お金、取ったらだめですよねせっかく、期待に燃えていったのに、残念です。大連ccはいつもいっぱいです。また、仕切りなおして、チャレンジします。ゴルフ情報でした。
 
 

南さんからのレポートです。(2008.05)
5/28~5/31、クラブツーリズムの「大連・旅順4日間」のツアーに参加しましたので報告致します。

①渤海明珠大酒店に初めて宿泊しました。暖房と冷房の中間期のためか、冷房が効かずやや
 不便だったのと、ヒゲソリの備えが無いこと以外は設備的に問題ありませんでした。
②とかく不評であった203高地の「かごかき」が排除され、どうしても乗り物が必要な人はオートバイ
 で運んでもらえます。客引きはありません。
③労働公園の無骨な鉄製フェンスが取り払われ現在垣根の改造工事中です。
④浦発銀行の銀聯カードにつき、日本での残高照会手数料は4元、日本円の引き出し手数料は
 18元なることが分かりました。なおこのカードへ日本円の入金はできない由です。即ち中国での
 人民元入出金、日本での円の引き出しが可能です。


bubuさんからのレポートです。(2008.05)
大連のレストラン紹介させて頂きます。
3月20日~24日まで、私(bubu)と妻、息子の家族3人で北京、大連に旅行したとき大連の町をガイドに案内して貰って、散策していた時、大連外国語学院を過ぎたとき大きな音が聞こえて来たので、見てみると変な服装の楽団います。ガイドに聞くと店の開店イベントと言うので、何の店と聞くとレストラン(火鍋)です。昼前で少し早いがここで昼ごはんを食べることにしました。店に入ると若そうな店主が出て来て、日本語ができるので少し話しますと今日が店のオープンで楽団は、そのセレモニーで、料理は鍋が主体その鍋は、中国薬50種以上入りスープ30種から選べる鍋だそうです。私は、店主の進めの蝦鍋頼みました。ところが、出てきた鍋は、蝦と野菜を炒めた物が鍋に入っているだけで、スープ無く変だなと思い店主に尋ねると先ず蝦を食べてからスープを入れて、野菜や肉と「しゃぶしゃぶ」で食べると言いましたので、辛く無いスープを選び肉、野菜、豆腐等を頼み食べたら、とっても美味しかったです。中国初めての妻もこれなら食べられると言いました。予算は、ビールを飲みガイドと4人でお腹いっぱい200元。初めっての味でした。次回また行きたいです。店主にパンフレット貰ったから紹介します。
住所 中山区麒麟東巷1-1号(25時KTVの3軒並び) 電話82825420、83051866(日本語OK)
名前 家源香辣虾火鍋城
営業時間 24時間
  

小川さんからのレポートです。(2008.04)
フラマホテルの、向かい1本筋を入ったところにある、ちいさなお店です。広島焼きがすごくおいしいですよ、いま嵌っています。
鉄板焼きと、王さんの笑顔が最高のお店でした。また来月12日ぐらいから、行く予定です。王さん器のセンス
が、最高にいいですよ。

  

  

南さんからのレポートです。(2008.02)
2/26~2/29、所用があって大連へ行きました。

①大連での入国に際し健康検疫申告書、税関申告書の提出が不要となりました。
②逆に日本への帰国入国時、全員税関申告書の提出が必要となりました。
③日航ホテル前の「百姓村」が閉鎖されていますので、貴HPで閉鎖コメントを入れて下さい。
④「ラマダプラザ大連」の3階に日本料理レストラン「大江戸」が開店し、従来の北方大酒店2階の「大江戸」 と価格も味も同一。満足できました。
⑤2/26~2/29に限ってはマフラーや手袋が要らないほど暖かかったです。
以上報告いたします。
yamamaotoさんからのレポートです。(2007.09)
夏場楽しめる大連金石灘の旅

大連駅から軽軌電車で50分くらいかかります。駅を出ると、この観光車が並んでいて、古い汽車のスタイルで、良い感じでした。この観光車は海辺のみまで往復ですが、一人2元です。他の遊覧名所に行くバスが有りますが20分毎、発車で、行きたい名所で降りたら、次のバスに乗っても大丈夫です。切符代は20元/人。
海辺にはこのような棚がたくさん有ります。棚の下で休憩すると、お金が必要です。時間で費用を決める模様です。

  

密封の球が有り、人が中に入って、遊んでいます。
 

  

船で引っ張って、遊び。スタートから戻りまで2分間くらい。200元くらい掛かりそうです。  簡単な飛行機。
  

yamamaotoさんからのレポートです。(2007.08)
家に近い所の北辰公園です。(携帯で撮った) 注)飛行場の北方向でバス泡崖八区(終点)の近くです。
以前、ここは水泥生産工場(日本語で、分からない 
セメント工場です。)汚染がひどいから、なくなった、建築会社のボスは自分のお金で約2億元で、掘った半分くらいの山を公園に改造しました。右側には人形が有り、山登りしている。
   

 公園の中には水泳館があり、今、子供はここで水泳の勉強です。
   

 もう、使えない戦車
   

                                  看板内容
   

 老人が踊りしています                    公園の入り口の池
   

青字は管理人が付け加えました。

山本芳嗣さんからのレポートです。(2007.07)
大連に行ってきました。解放路の中山大酒店(4星)に泊まりましたが、隣室の話し声やドアの開け閉めの音が大きく聞こえた点が良くありませんでした。
また、お土産はラマダホテルの少し東の「きりこ」でグラスを1つ10元で購入しました。近くで見ると国産の数千円の切り子と仕上げに大きな違いがありますが、遠めには区別がつきませんので、普段使い用ならお買い得です。


yamamaotoさんからのレポートです。(2007.07)
こんにちは先月の24日に帰国しました。
今回は食事所が取れなかったですが、、私の友達と一緒に大連の日本料理に行った時の写真を送ります。それと北朝鮮の国境丹東の風景を添付します。私は丹東には10年前から行っていますがこの道はすごい道です。(写真に説明して有ります。)


6月21日晩上食事(桜にて)
  
ロダン影沢先生カッコイイ!     親子写真(下写真)

    
馬刺                    イカ天ぷら                刺身盛り合わせ

    
日本酒                   桜名刺                 ワイン好きのk先生

    
年を感じないなー   またまた鼻下のばして!  お似合いか?
以上中国でのすばらしいコミニュケーションでした。

丹東の旅
東港から丹東に移動中(北朝鮮国境道路途中で撮影する。(直ぐ傍が境界線で夜は盗賊(北朝鮮から)が出るため通行する人は居ないらしい。
    
垣根が境界線で道路から直ぐ傍で有る。(監視人は見あたらないのが不思議で有る。) 北朝鮮の家波で高級住宅。

   
東港から30分で丹東市内に到着する。(どんどん建設中で有る。、別荘も建築中で有る。) 向こうが有名な鴨緑江断橋で有る。(30元・1人)北朝鮮の国境川。中心部まで橋が有るその向こうは断橋。

   
丹東側では北の商品を売っている。(貸し衣装で撮影をするらしい。)貸し衣装店。何時も行く北朝鮮店だが写真を今回撮ったら削除してくれと言われ、どうして?何でも良いから消せと言う、1枚しか撮って無いのにまだ有ると言って許さない状態であった。 *くれぐれも北朝鮮店で撮影は止めてください。

2007年7月18日~21日に私の友達(中国人 、91年からの友達、今は大連で会社設立)と一緒に丹東に行きました。今回は中国の一番東にある長城に登りました。これは1496年で建築した長城の遺址の基礎上で、現代に回復建築でした。要するには偽の長城に登りました。初めで長城に登りましたけど当日には曇っているので、取った写真ははっきり、見えないのです。


ここは虎山長城と言います。市内から15キロくらいの距離です。タクシーで20分くらい、約40元です。良い天気であれば、山の頂上に登ると、北朝鮮の風景を見えるとのことです。バッテリーがなくなったので、わずかの写真を撮りました

  
もうそろそろ、頂上の直前に取った写真       頂上です。ここから北朝鮮を見える(良い天気であれば)写真の裏側は北朝鮮です


観光客で何時も賑やかです。(どこから人が集まる?)

大連船舶麗湾大酒店の房間写真(中国ので水洗トイレは珍しい。5星でも設置して無い。) 大連市内で便利が良い。1泊:298元の価格
    
 
yamamaotoさんからのレポートです。(2007.06)
迩好!好久不見!
2001年に投稿したyamamaotoです。
今は月に1回/2週間大連に出張しております。久しぶりに私の投稿したレポート見て懐かしさを覚えます。又皆さんの投稿レポートを見て参考になります。
特に食事所は参考になります。
最近海外での連絡網の発達はすごいものが有ります。私は必ずコンピューターと携帯を持参して連絡媒体として持って行っております。今はホテル、会社では必ずコンピューターは接続できます。すごく便利になりました。
日本に連絡する方法はコンピューターでメールを使用し電話はコンピューターのチャットで無料で話をしています。携帯も以前はグローバル携帯(日本)で連絡していましたがすごく高い。今はグローバルは止め普通の携帯に買い換えました。海外のノキヤ携帯を購入して中国携帯を購入しました。中国に到着したらプリペードで100元購入して用は足ります。又中国携帯金額がなくなると今は日本携帯のSIMカードを取り変え中国の携帯電話に入れれば通話できます。他の地区で切れた場合は大連の友達に私の携帯にお金を入れる事が出来てすぐ使用が出来ます。
私は中国で携帯、固定電話に掛けるときコンピューターのチャット電話で通話します1分が2円です。(携帯を使うより安い)コンピューター接続もホテルでは無料のところが増えて来て部屋にいるときはいつでも接続しておくことが出来ます。
私は船舶麗湾にいつも泊まっています。ここは4星で298元で泊まれます。朝食付(無しなら38元引く)又部屋はトイレもウオシュレット付でいつも爽やかです。中華食と西洋食と有り気分で変える事が出来ます。
注意:インターネットは基本的には20元掛かりますがこっそりコンピューター線を持参すると無料です。服務員に線を依頼するとサインさせられ自動的に20元が追加される仕組みになってかならずいます。ホテルの宣伝ではありませんが私が今まで泊まったホテルで快適なホテルなので紹介しただけです。ホテルの周りは飲食街も沢山あります。レストランお勧めは東方明珠が有名で安く、美味しいホテル裏側で徒歩で2分で到着6時からすごい人が毎日入っている姿がホテルから見える。自家製ビールは黒ビール、普通ビールを製造している。1リットルが5元でとにかく安いし美味い。私はビール党でここのビールは違和感が無い。料理も安くサービスも良い。天天魚港より良い味、価格、サービスです。(但し日本語が一切通じない。)何とか成るのでは、、、、。友達誘って行けば問題ないと思います。
但しクラブの女性は注意してください。(フラマ裏の博多、銀座等々の女性は電話すれば来るけど食事の後はくるけど店に行かなくては成らない。(要するに同伴なのです。)
1セット200元とビール20元は最低取られるから注意してください。早く中国語を習得すればいろんな楽しみがあると思います。
5月にホテルの付近のピンヨン館(北朝鮮)に行きました。今回で3回ですね。ここは日本語OKなのです。北朝鮮の大学生が5、6名いて踊り、一緒に日本カラオケを歌うことが出来ます。(すごく恥ずかしいかった。)なぜか所々字幕が消えてる所が朝鮮らしい。料金は5名で500元と高い感じがする。(注文次第ですがね。)朝鮮菜は金露(焼酎が合う。)
食べる事ばかり話しましたが中国では食がどうしても心配の一つですね。食事が心配ですと仕事も出来ないですから、、、

南さんからのレポートです。(2006.11)
先日の大連滞在時、偶然のきっかけで良い中国料理レストランが見付かりましたので、情報提供致します。
ラマダ大連が工事中のため、朝食はブッフェのみで飲茶のみの食事ができないとの事にて、フロントで飲茶レストランを紹介してもらったところ、解放路の中山大酒店内にある、栄苑レストランを教えてくれました。
小皿の飲茶から好きなものを選び、メニューから一品料理も選べます。
私は夕食時にメニューから「蜜汁排骨」(26元)をとってみたところ、味は素晴らしかったです。勿論お粥もあります。

平野さんからのレポートです。(2006.09)
8月に大連から丹東へのバスの出発時間等々をお教えいただきました、平野です。その節はありがとうございました。
遅くなりましたが、8月22日に出発し、26日に無事に帰国しました。

22日から25日までは、天気も良く、日本では暑い日々が続いていたにもかかわらず、大連は涼しく、とても快適に過ごすことができました。

大連で驚いたのは、思っていた以上に都会で、大きなビルが沢山あること。そして、アメリカや日本の飲食店も多く出店していることです。マクドナルド・ケンタッキー・スターバックス・吉野家・王将・焼肉の籠屋八平衛もありました。
私は、現在日本では食べることのできない、吉野家の牛丼を食べてきました。値段は、牛丼並と味噌汁、キムチのセットで13元余りだったように記憶しています。
スターバックスコーヒーもありましたが、ラテのレギュラーサイズで20元と、地元ではとても高いようで、日本人かロシア人、欧米人くらいしか飲んでいませんでした。そのスターバックスの屋外テーブルには、お金をねだる10歳くらいの女の子がいて、僕たちのテーブルによく来ていました。最初は、無視するかあっちへ行くように促したりしていたのですが、3回目ともなると、頑張っているな~と変に関心をして、小銭をあげました。

そういうと、街角で横笛を吹いていた高校生もいました。この高校生は、地面に自己紹介の紙を広げ、自分は貧しい苦学生だから学費援助をして欲しいということが書かれていました。彼女の横笛はかなり上手で、10人程度の観衆が輪になっており、私もかつて楽器を演奏していたことがあるということもあり、足元に置いてある籠の中に、お金を入れてカンパしてあげました。

2日目は旅順観光。

そして、3日目に長距離バスで丹東まで行きました。
丹東には、日本を発つ前からメールフレンドがおり、彼女に案内をしてもらう約束になっていましたので、北朝鮮との境界となっている川の遊覧船に乗ったり、映画を観たりとデートのようになり、とても楽しかったです。
夕食には、その境界の川沿いにある、しゃぶしゃぶの店に行き、二人でお腹いっぱい食べたにもかかわらず、合計120元と大変安く、味もとても美味しかったです。
丹東に1泊して、翌朝に大連に戻りました。最初はバスで戻ろうと思っていたのですが、彼女が白タクを手配してくれて、丹東から大連まで4人の乗り合い白タクで、高速道路をぶっ飛ばして大連に戻ってきました。値段は、長距離バスが83元だったのに対し、白タクは110元でした。日本円にすると300円程度の違いで、セダンのゆったりした車でホテルの前まで送ってもらったので楽でしたね。

大連でも丹東でも、あまり欲しいと思えるような品物はありませんでした。ブランド物のコピー商品が多いし、商品としては日本に比べて少し粗悪のように思えて・・・
子供用にTシャツを買いましたが、もちろん店員の言い値より半額くらいの値段で買いました。私は少し中国語を勉強していますので、丹東で買った音楽CDと映画のDVDが、自分用にはいいお土産になったように思います。かさばるし重たいのですが、本なども少し買えばよかったかな~とも思っています。

大連の写真はHPに沢山掲載されているようですので、私は丹東の遊覧船と朝の広場の様子(太極拳をしたり、蹴まりをしたり)の写真を添付します。
看看大連が、今回の旅行でも大変役に立ち感謝しております。ありがとうございました。これからも、頑張って続けていってください。

  
ごんすけさんからのレポートです。(2006.08)
5日の日に大連から帰国しました。
初めての中国旅行はとても新鮮で充実した7日間でした。残念なのは、お天気! 晴れたのは最後の2日間のみです。
驚いたのは、事前にこのホームページや知人の話でも聞いていた通り、値段があってないようなものだということです。
まるで自分が関西人になったかのような交渉の毎日は楽しく充実しておりました。
ツアーは中国出身の女性が現地旅行会社に手配を依頼しスタート!
 
ところがここでまたビックリ大事件!
添乗員は大連ではツアー客の買い物案内等で得たマージンで給与生計をたてているようです。
案内される場所は全てが3~5割も高い店ばかり。(ツアー客には百戦錬磨の客ばかりで中国の状況にも精通している人ばかりだったので)
さらには、予定を変更するにもその都度お怒り気味で、ついには自分が嫌われているから今日で添乗員を交代するからチップをよこせと催促する始末。
 
これには紹介した女性もプッツン! 2日にして添乗員が交代するハプニング!
 
さらに3日目のハルビンゴルフツアーでのビックリ事件発生!
空港についてガイドと打合せしたところ、ゴルフ場が2時間30分かかるとのこと。次の日の大連行きフライト時間は15:10分。
間に合うはずがない! するとガイドが「ゴルフは8時から10時で予定しています」とのこと ハーフコースも回れないよー!
結局ゴルフは中止し、観光のみに変更する羽目になりました。
 
悪い事ばかりじゃありません。
大連にあるマッサージ(健全なお店です)店で「湯本」というおみせがありました。あまり大きな店舗ではありませんが、すべて女の子(20~30才)で技術もそこそこ!何より熱ーいお風呂が日本人にはたまりません。
大連に5泊しましたが、見つけてから4回通ういました。ホテルへの出張マッサージもございます。お店を仕切る女の子は見た目8歳ですが、実は22歳の女性です。彼女に会うだけでも発見の大連でした。
 
ひろさんからのレポートです。(2006.06)
 昨日大連旅行から帰国しました。無事何事もなくと言いたいところですが、大変な目に遭ってしまいました。

 初日は通訳の子(日本語専門学校2年生)と共に父が6年来文通している子ども達とのパーティがあって大変盛り上がり(半日100元の通訳の子のおかげで)、次の日も無料でガイドしてくれてショッピングやマッサージや食事に連れて行ってくれました。
ところが、食後2時間ほどしたら妹が
急に吐き気をもよおし、ゲーゲーするので急いでホテルに帰り(中山大酒店)ホテル側から救急車を呼んでもらい近くの大連鉄路医院に行きました。運悪く日本語が通じる看護師も医者もいなくて(この時ガイドの子は帰っていました)状況がうまく伝わらず困っていたら、たまたま靭帯を痛めて入院していた中国語のわかる日本の方がいて、状況を看護師に伝えてくれたり、保険の申請の手助けをしてくれました。最初の当直の医師は風邪だといって(熱が39度ちかくあり)薬を出してさっさと行ってしまいました。妹は薬を飲んでもすぐにもどしてしまい、いっこうに嘔吐が収まる気配がないので検査をしてもらいました。結果は急性胃炎だといわれ、今晩はホテルに帰ってまた明日来いと言われ(強制的に)納得いかないままホテルに帰りましたが、ホテルにつくなりまた、入口のところで吐いたのですがカウンターにいたホテルの従業員は誰も来てくれず、外に立っていたドアボーイの人が来てくれて車椅子を出してくれて係りの人を呼んで部屋まで連れていってくれました。

 その日は眠れないまま朝を迎え早速病院に行き、入院の手続きをして点滴をし、体力の回復を待ちましたが、おかゆやお湯さえ吐く
始末でしばしば貧血の状態になりました。そのうちここの病院の通訳だという年は70歳くらいの方が来てくれて病室を移動されて(日本ではデラックスルーム)テキパキと看護師になにやら指示し私に小声で“これは胃腸の病気に大変よくきく漢方だから飲ませなさい”といって3カプセルはいった小さな箱をくれました。また、“医者に見られると怒られるから見られないように”と付け加えられました。
あとからわかったことですが、この方は私の父の友達の友達だということでなにかと親切にしてくれました。昔、戦前は満州の日本学校にいて日本人の友人と今でも日中交流を続けていてとても親日家でした。妹は病院でもらった薬はきかず結局その方にもらった漢方を飲んで翌日には見事に回復し退院することができました。漢方恐るべしです。その後も母の高血圧にきくというのや妹の胃腸を丈夫にするという漢方を父と買いに行き手作りの料理を病院に持って来て私たちに食べさせてくれました。
また、通訳のその方がいない時のために私は通訳の出来そうな人を病院の中で探していたら、これもたまたま肺炎で入院していた日本の留学生(年は60歳くらいのご婦人)の語学友人だという外国語大学日本語学科3年生の女の子に出会い通訳してもらう約束をしました。3日目の夜病院に泊まる時困るでしょうということでその子は泊まって通訳してもいいと言ってくれました。それも無料で自分も日本語の勉強になるからという理由でした。
 こうして色々な親切な方たちにお世話になり無事帰国日までに退院できたことは本当に感謝です。
今回の旅行はこんなことで観光はほとんどできませんでしたが、いろんな人と交流できたし、漢方の偉大さに感動できたことは灌漑ひとしおです。初日の飛行機のスチュワーデスの愛想のなさや3つ星、4つ星のホテルのサービスの悪さに不満はありましたが、中国人の中にも親切で親日家の人がいることがわかっただけでも行った価値はあります。
 今回の旅行でわかったこと!
〇日本語のしゃべれる人は親日家で愛想も良い(中国人は一般に愛想が悪い)
〇日本人がホテルに泊まるなら高くても5つ星がおすすめ
〇胃腸の弱い人はきちんとした料理屋に行くべし
〇中国南方航空のスチュワーデスの中にめちゃめちゃ不機嫌顔のスチュワーデスがいた 料理もまずい!
〇国営の店は値切れないがたいていの店は値段があってないようなもの たいていは値切れば半額くらいになる
〇大連空港の免税店はめちゃめちゃ高い セントレア空港の免税店で4600円で買った香水が470元だった(だから誰も買ってなかった)
〇大連の交通乗り物は異常に安い
〇大連の道路交通規則はないといってよい(多分日本人は誰も運転できないでしょう) 人も車も自分が一番!
〇空気が乾燥しているので肌の弱い人は保湿を充分にしておく
〇自転車をほとんど見かけなかった
〇中国でも韓国ドラマが人気らしい 日本のドラマでは白い巨塔が人気
〇中国の人々はほとんどの人が国外に出ていない(ビザや保証人が必要) 日本人に生まれてきたことに感謝!
〇中国国内で外国人は特に日本人は優遇されている(今回の病院では一般中国人の病棟と外国人及び10万元を払って会員になっている中国人の病棟が分かれていた。そこはまるでホテルのようだった)
〇庄河市から北へ40km行ったところに氷峪風景名勝区という所があって“遼南の小桂林”と呼ばれるくらい桂林に似た風光明媚なところがあるらしい
 こんなところかな?
 長々と書きましたが以上が私の今回の大連旅行記です。
 
Yuichiさんからのレポートです。(2006.05)
「焼き鳥はなちゃん」を推薦いたします。
今年の4月に行ったのですが、オープンしたばかりで、記念セールをやっていました。

店のつくりや味付けから、日本人が経営しているかと思ったら、中国の方の経営と聞いてびっくりしました。確か静岡と聞いた気がしますが、日本の焼き鳥屋で修行し、帰国してお店を開かれたそうです。
私はホテルに置いてあった大連ウォーカーの広告を見ていきました。場所が非常にわかりにくく、お店に電話(日本語可)して表通りまで店員さんに迎えに来てもらいました。(私が店主は男性だと思い込んでいたので目の前にいる人がはなちゃんだとは気付きませんでした。)カウンターと二つの個室があるこじんまりしたお店です。場所は中山区三盛街14号(世界大厦、銀洲大厦東側)。

それから美味しいラーメン店がありましたので紹介させて頂きます。
ラーメン木月山
メニューは、とんこつ、醤油、みそ味のラーメンがあり、その他各種ラーメンがそろっています。価格はラーメン一杯30~45元と高めですが、美味しいラーメンの店でした。
私は友人達5人で店に行き、それぞれ違うラーメンを注文して、それぞれ食べてみましたがどれも美味しかったです。店はカウンターとテーブル席が二つで、奥に座敷もあったようですが10数人も入れば一杯になるという感じの小さなお店でした。
この店のほかにレストランを2店経営されているそうです。

看看大連さんには、初めて大連に行ったときからお世話になっています。次回、大連に行く機会がありますので、また行ってきて、ご報告します。


南さんからのレポートです。(2006.05)
5/11~5/14、大連へ行きましたので報告します。
まず乗用車が爆発的に増加しているとの印象を持ちました。それに伴い渋滞も発生しつつあります。
 
昨年完成した「勝利地下長廊」は勝利広場から裕景商場までの中山路の地下を商店街にしたもので、主に衣料雑貨店が入っています。
勝利広場から西方向へ行くには大変便利になりました。
 
労働公園正門から入ってすぐの広場で、毎朝6:00~7:00に行われている太極拳サークル「永年」は飛び入り自由です。私は今回を含めて3回お世話になりましたが、快く迎えてくれております。
今年は暖かくなるのが遅かったために、アカシアの開花も例年より遅れそうだとの事です。
 
yujiさんからのレポートです。(2006.04)
はじめまして、いつも楽しく観覧させてもらっています!
私は、横浜に住む39歳の独身男性です。大連に行くようになり早3年になります!
最初のきっかけは、私の友人が日本に留学に来ていた大連の女性と結婚をしたことから大連に遊びに行くようになりました!
日本を出るのは初めての体験で、中国は大連と言う所に行きました。
最初は海外という事でとても戸惑いました!!昔から中国にはとても興味があり一度は中国に行って見たいと思っていました。中国の事は、雑誌やテレビ等で色々な事は知っていると思っていました...。しかし、大連は、友人から聞くまで名前すら聞いた事がありませんでした...。横浜に住むようになり、もう25年以上になります 横浜は都会だと思っていましたが、さすがに大連は横浜にも引けをとらないほどの都会ぶりに感激しました!
中国と言えば、北京 上海 杭州 etc... 有名な所がありますが、大連ほどの都会が日本の雑誌 メディア当にあまり知られて居ない事にきずきました。
そこで、インターネットで検索してみたら いっぱい出てきて、その中でも ”看看大連”が一番良かったです!写真等情報がたくさん載っており あっ、ここだここだ!というところがたくさん出ていました!
そんなこんなで今現在で年に4回は大連に行っています!とても大連が好きになってしまいました!行く前は決まってこのホームページを見て、色々な情報を収集してから行くようになりました。 そして、今では大連に彼女が出来楽しく過ごしています。本当にありがとう御座います!これからも楽しく観覧させてもらいます!
私も写真とか沢山写してきましたらお送りしたいと思います!! ps, 来月に大連に行ってきまーす。

  
   2004年4月の写真です。  大連駅です。       大連の駅を出たら、右側方向にある道具街です!  パート1

  
 パート2 沢山いろんな道具が売っていました!      今度は、2005年をお送り致します!待っていて下さい...。

影山さんからのレポートです。(2006.01)

わがままなリラックス法その3 (3ヶ月連載の最終回です。--管理人)

中国はほとんど何処でも道を横断するのは自己責任。信号は補助にはなっても守るものではないようです。広い道で何車線あっても、各車線ごとに横断待ちの歩行者が立っています。その脇を自動車がスピードを落とすでもなく走り抜けますが、歩行者もそういうもんだって感じで平然と構えています。私もだいぶ慣れて、結構スムーズに横断できるようになりました。滞在中に救急車を見たのは一度だけ。事故現場にも出くわしませんでした。でも車同士でクラクション鳴らし合いって場面は日常茶飯事です。
大連が他の都市の違ったのは、自転車を殆ど見なかったこと。寒いせいかな?

3時半を廻って、今日の予定はお土産などのショッピングだけとなり、まずニューマートというスーパーに入りました。アメリカ的サイズ、アメリカ的ディスプレイで、とにかく広くて豊富な品揃え。チョコレート類はやっぱり高いなと思いましたが、それ以外のものは「買って帰れたら」と思わせるものが並んでます。特におまけやサービスに目が無い私は、6個買うと3個おまけにもらえる泥皮蛋9元はいったんカゴに入れましたが、重いので購入を断念しました。
69周年と半端な数字ながら、大々的に垂れ幕などを使って特売を行っていた大連商城では、1階の奥に特にスペースを設けて、防寒服の大セール。男女下着、セーター、そしてコートがずらりと並んで、其々のワゴンの前は人だかりでした。と、淡いレンガ色した長めのダウンジャケットを着込んで鏡の前でクルクル廻っていたオバサンが居ました。そのジャケットはウェストが絞ってあり、キレイなシルエット。私はそのジャケットの値段が148元という超特価であることを確認し、「指差し中国語会話」の買い物のページで形容詞の欄から「大きい」と言うところをホントに指差して店員さんに見せました。出してもらったサイズは私にジャストフィット!まだ迷ってるオバサンを尻目にサッサと収銀台へ行ってお支払い。ちなみにそのジャケットのブランドは、私が始めて中国へ来た時に乗った飛行機の座席カバーに広告を出していた波司登というところ。

その後も歩はホテル方向に向かいながらもショッピングを続け、途中でタピオカ入り緑豆沙茶を飲んで、荷物がいっぱいになったところでホテルに戻りました。今日の夕食は勝利広場地下のフードコートの中のアカシアカフェテリアで取ろうと決めました。ホテルに一番近くて、活気が有って、安そうだったから。お料理が前菜から始まってズラッと並んでいるので、指差しであれこれと選んでいくと、それを皿や椀によそってくれるので、それをお盆に載せていき、最後にレジでお支払い。私は8種のキノコのオイスターソース炒め、キクラゲと卵の炒め物(キュウリと豚肉入り)、白いご飯と(黄色くて小さな粒々が見えたので、コーンとかのスープを選んだつもりが、それは)粟粥で合計14元。おかずはとても良い味で、山盛りのご飯も残さず食べてしまいました。女の人なら2人で3品が丁度かもしれません。
その後はそのまま勝利広場地下のショッピングセンターが地下3階まである事を発見し、喜んで見て廻りました。特に一番下の地下3階は1軒が幅1メートルあまりの狭さで、隣同士ビッシリくっついて夜店の屋台感覚。可愛い小物、アクセサリーなど主に女の子が喜びそうなものが揃っています。
こういうところは値切るしか有りません。ピアス1つ10元って言うのを3つで20元。
ゴムの髪留め、1つ3元は4つ10元など。買って手に入ったものが有る事も嬉しいんですが、買うプロセスそのものも楽しくて、永遠に買い続けそうな気持ちになりました。お店の人は中国語しか話しませんが、私はジェスチャーと英語。お店の人が判らないと、他のお客さんが英語を理解してくれて説明してくれたり、皆嫌がらずに相手をしてくれたのは有り難かったです。
ようやく疲れて(?)ホテルに帰ったのは7:30PM。

最終日、昨日と同じく、目覚まし無しで目を覚ましたのが6時過ぎ。(これ至福のとき)
せっかくなので一度は飲茶の朝食にしてみようと、今までと違うレストランに行きました。お茶から選ぶの。鉄観音茶、龍井茶などの高級茶もありましたけど、やっぱりプーアル茶を選んでしまいました。食べるほうは小龍包だよって言われた私にとっては小さい肉まんと、もう一種違うタイプの肉まんにザーサイ。ザーサイみたいにちょっとしたものでも美味しいんだよね、ピリカラで。お粥は白、粟、皮蛋の中から選べたので、迷わず皮蛋。鶏肉も入っていて、お代わりしちゃった。やっぱり締めくくりは甘い点心。黄色くふわっとしたお饅頭は多分卵の餡だろうと踏んで選んでみました。正解!!しかも、中の餡がとろ~っと流れ出そうで流れ出ない絶妙さ。日本で食べると殆どがカスタードクリームみたいな感じだけど、これは凄かったです。皆1つの蒸篭に3個ずつ入っているから、もうお腹いっぱい。

それから散歩を兼ねて、中国では珍しい一軒家、それも洋風建築が並ぶ地域へ行ってみることにしました。友好広場、中山広場を通り、坂を上って七七街を左折。帰りは同じ道を通らずに、一本手前で曲がったり、別の坂道を降りてみたり、気の向くまま歩いてみました。大連医科大学の病院があって、その門の横にはフルーツを売る店、花を売る店が並んでいて、日本と同じジャンと思ったりしました。勝手に自分の思ったとおりに角を曲がってみたり、又どうしても何処そこに行くんだという目的無しの散歩として道を歩いたりってことは普段全く出来ない行動です。些細なことですが、私にとっては非日常でした。

今回の旅行は最後まで一度もイライラすることなく、過ごせたのが一番大きな収穫かもしれません。(なかなか成田に着陸できずに上空を3回も廻ったのはちょっとムカついたけど)
この後、帰り道に露天商(カッコ良く言えばニューススタンド)から、なんと赤西仁が表紙のマガジンを買いました。中国語なので記事は読めませんが、日本の芸能界のニュースも沢山載っています。9時を廻ってそろそろお店も開きだしてきたので、又少し買い物をしてからホテルに帰りました。もう帰りです、もっと居たかったなぁ。(完)

影山さんからのレポートです。(2006.01)

わがままなリラックス法 その2 (3ヶ月連載の第2回目です。--管理人)

北陵公園を出たのが2:00PM。お腹がすいてきたけど、どこで何を食べたらよいのか判んないし・・取り敢えず、故宮の在る街の中心部へ向かおうと、(でも公園の前で客待ちしているタクシーには目もくれず)少し歩いて、流しのタクシーを止めました。またガイドブックを見せて「故宮へ」。
地図上でもう大分近くなったな、って頃に「中街」って書いてある通りに出ました。そして、その路の先にはマクドナルドが。「マクドナルドに行きたい」と言うと、「車は入れないんだよ」と言うので、その直近の角で下ろしてもらいました。ここまで12元。で、さっさと食事を済ませようと中へ入ってメニューを見ると、軒並み単品で20元以上なの。好きでもないのにそんな高額なお金は出せません。
歩行者天国になっているその中街はショッピングには良さそうだけど、食べるところは他にKFCくらいしか見当らないので、ちょっと焦りました。ようやく「氷屋さん」と看板に書いてある店で、食事もメニューに有るのを見つけて、咖哩と書かれていた14元の定食をカウンターで注文しました。(写真指差し)でもそこでは麺を食べる人が多かったみたい。出てきたのは、骨付きのぶつ切りチキンのカレー味と青梗菜の炒め物と白菜の甘酢漬(辛い)と葉っぱのいっぱい浮いているスープにご飯。一番美味しかったのは青梗菜の炒め物。
そこから地図を見ながら故宮まで歩き、50元払って入場。とにかく古い。あと仕方ないけど、手を加えましたって判るところいっぱい。全体の雰囲気はこじんまりしていて、でも建物はゆったり立っていて落ち着けます。売店が何処だか見当らなくて残念でしたが、薄っぺらなパンフレット(英語)を25元で高いと思いながらも手に入れました。そこを出たのが日が翳りだしてる3:30PM。
旧張氏邸宅は時間が遅いからダメかな?と思ったけどOKで25元。正門の前には大きな張将軍の像が立っていたので笑えましたが、写真には撮らず。
帰りの列車は5:50PMなので、まだ1時間半くらい有るから駅へ向かってしまうのももったいない、と中街方向へ歩を進めると、大通りにショッピングセンターが。外はキレイじゃないけど中へ入ってみると近代的でピカピカという想定外のパターンは大連でも経験してるので、思い切って入ると、案の定キレイ過ぎるほど新しく高級感たっぷりの専門店街です。
タクシーで(大連もそうだけど、ホントすごく沢山走っていて、すぐ拾える)で駅まで。駅到着は5時少し前でした。
列車の中ではカップ麺(お湯はポットが置いてあって無料で使ってよい)しか売りに来ないので、大連到着の10時近くまで何も食べられないのは辛いと思い、思い切って駅前の食堂に飛び込みました。メニュー指差しで行こうと思ったら、カウンター式で、あれこれしゃべらなくてはならなそう。でも並んでいる料理を指して、もう注文終了なら指でX印を作れば良いってことがようやく理解できて、麻婆豆腐に木耳と卵炒めをお皿に盛ってもらいました。あと丼にご飯。飲み物はペットボトルを買うの。お料理が10元、飲み物4元。麻婆豆腐辛かったけど、美味しかったです。
列車は定刻どおりの運行で、ホテルには10時に戻りました。瀋陽日帰り旅無事終了です。

3日目の予定は労働公園へ行くのと、職場のオバサン方にお土産を買うのがMUSTな以外、特に決めては居ませんでした。何をするにも8時前では早すぎるので、天津街のマンホールの写真を撮りに(&散歩)出かけました。前の2日間より風が有って、ちょっと頬が冷たかったです。ホテルのお天気ボードは最高気温マイナス1度と書かれていました。
ガイドブックには聖亜海洋世界&極地世界が8時半から、ってあったのですが、実際は9時だったので、30分は待たなければなりませんでした。
2つの施設両方を行くと150元。でもアジア一長いトンネルの水槽が在るってことだったので、期待してました。ところが展示の熱帯魚は豆粒みたいに小さくて、地元の金魚屋に居る錯覚さえします。肝心のトンネル水槽は確かに足元が動く歩道になっていて、お客さんは上を見ていれば良いだけでしたが、中に入ってる魚がサメ、カメ、とその辺に泳いでいるような色の無い魚。入場料が高いんだから、せめてもう少し展示内容を充実させて欲しいと思いました。極地世界のほうも、生きている展示は、シロクマ、アザラシ、ペンギンだけ。子供だましだよ~!ショータイムも水槽が凍っていて行われません。ただ、お土産コーナーはどちらもとても充実してました。
帰りは路面電車に乗ろうと決めて、途中大きなマイカルの前で停まったので、そこで降りてマイカルに入ってみました。でも旧日本系のデパートだけあって、高いです。大したのじゃないマフラーが100元もします。地下にスーパーが在ったので、そこでお菓子や大連名物の干しエビなどは買いました。
丁度12時になったので、道路の反対側の食堂街みたいなところへ入ることにしました。中はフードコートにウェイトレスさんが居るみたいな感じで、何軒ものお店が並んでいます。私は山西省ってサインの出てたコーナーへ入りました。ウェイトレスさんが「麺?それとも何とか?」と聞いてメニューを渡してくれましたが、その何とかが判りません。で、山西省と言えば刀削麺だろう!と思い、内容の判る6元の海鮮麺を注文しました。それから隣のテーブルの人が食べていた、焼き餃子にそっくりなのを指差すと、それがさっきの何とかだってことが判りました。メニューに具の一覧が載っていたので、無難に「猪と白菜」を指差しました。すると親切にもウェイトレスさんは「20個だよ」と教えてくれたので、「10個だけお願いします」と言いました。これで3元の追加です。餃子はニンニク臭くなくあっさりしていて、20個でも行けたかもって感じ。
(第3回に続く)

BDさんからのレポートです。(2006.01)
掲示板[NO573]で大連の事を質問させてもらいました、BDです。
 
本日帰ってきました。1/27から29日です。このサイトで情報を集め、行きたい所をリストアップしましたが、日程の都合で28日のみしか行動出来ませんでした。
 
【老虎灘極地海洋動物館】 3人で行きました。どの様な計算なのかわかりませんが、1人160元で、中は全て見る事が出来る様ですが、時期的なのかお客さんはまばらで、営業していないアトラクションが多かったです。ただ、施設の人も暇なのか、写真を撮ってくれたり、つきっきりで説明してくれました。アシカやアザラシを見せる所でも、私達に餌をあたえさせてくれたりしました。 
【旧日本人街】 寒さの為か、観光客は、見当たりませんでした。でも雰囲気はとてもよかったです。 
全聚徳】 私のわがままで、総勢7人で行きました。拷鴨をどうしても食べたくて、夕方6時に予約しました。拷鴨は料理人がテーブルのそばで、カットしてくれ、それを食べるスタイルでした。事前に白い餅の様なのに巻いて味噌をつけて食べる、と聞いていたので、その通りに食べてましたが、量も多かったので、巻かずに味噌をつけて食べました。その他にも、から揚げ、手羽、舌なども味わいました。ヒラメの煮付けや、牛肉、ビール5本その他で480元でした。 
【旧正月】 28日の午後7時位から、花火や爆竹があちこちから聞こえてきました。0時が近づくにつれ、その音は強烈に!!朝、道路を見ると残骸がまるで絨毯の様でした。3時位まで聞こえていたので結局寝る時間は帰国便の関係で、2時間程でした。 
【寒さ】 滞在期間中は、最高気温が3℃位で、最低気温は-5℃位だったと思います。相当な重装備で行きましたが、現地の人は意外に薄着でした。 
【両替】 空港で済ませました。レートは1万円が680元位でした。 
【言葉】 猛勉強(一夜漬け)しましたが、相手にはほとんど伝わりませんでした。が、身振り手振りと英語で話すと意外に伝わったみたいです。空港でも日本語のアナウンスはありました。 
【空港】 皆さんはご承知と思いますが、入国、出国とも審査に出す用紙は裏面の英語の方に記入するみたいです。私は、中国語の方に書いてやり直しさせられました。
 
非常にあわただしく日程を終えてしまい、又、寒さで行動も限られた今回でしたが、8月に1週間程でもう一度行ってきます。今回はこのサイトのおかげで、事前の準備も整える事が出来た事、皆さんのアドバイスを受けた事に深く感謝いたします。ありがとうございました。
 
TOMAIYAMAさんからのレポートです。(2006.01)

13日~16日まで 行ってきました、初日 2日目でほぼ仕事を完了させ、3日目 2時間ほどの仕事を残し、後はフリー。今回は毎度お世話になっている、マッサージ屋さんの画像を添付します。(名前が何度行ってもおぼえられない)場所は南山路 南山フラマのすぐ近く 写真を持っていけばすぐわかりますよ、店内にはJAL指定と書いてありますのでJALに聞けばすぐわかるかも。 安心 安価 290元程度、薬湯での足洗いから始まり全身を時間をかけやってくれます。

 
全身マッサージ 2時間 90元                     今回川王府 本店で飲んだ白酒、美味しかった。
南山路 南山フラマ近くにあります
何度もいってますが、親切丁寧です。

 
見た目もきれいな すり身の揚げ物                  奥にいるのは 王さん(現地法人の総経理)
                                         手前は私の同伴者 Yさん 掲載は了解済み

影山さんからのレポートです。(2006.01)

 

HOME   大連の概要   観光map   買物map   料理店map   ホテルmap
航空情報   乗物便利帳   大連の風景   故郷大連   特派員便り   旅行記
リンク集   タイムスリップ   新聞の切抜   年間行事   役立つ本   開発区map
旅順map   動画で紹介   こんな観光   掲示板   中山広場一周   市内展望
大連Q&A 電話便利帳 ラジオを聞く 大連観光地図 文化センター