大連の街の様子を動画(映像)で紹介します。 

ジャンル別動画メニュー
 市内展望  テレビ塔         
 戦前の建物  中山広場  旧日本人街  人民広場  大連駅前連鎖街  港湾広場
 旧東本願寺  中山広場A  戦前の建物@  旧満鉄本社跡  夜の中山広場
 旅順 旧関東法院  旅順 勝利塔〜白玉山  戦前の建物A  戦前の建物B  東関街の旧家屋
 戦前の建物C  戦前の建物D  戦前の建物E  戦前の建物F  
 繁華街  天津街  青泥商業街  西安路  夜の天津街  香炉礁駅周辺
 乗り物  路面電車203路  バス  鉄道の旅  大連駅北側   2階建て16路バス
 路面電車 7-2268号車両  大連周水子国際空港  快軌3号線  旧満鉄アジア号   快軌3号線 開発区〜九里
 鉄路 大連〜旅順        
 公園、広場   労働公園  星海公園  星海広場  東海公園  老虎灘公園
 人民広場  児童公園  友好広場  中山公園  大連世界和平公園
 燕窩嶺婚慶公園  民主広場周辺  二七広場と三八広場    
 博物館  現代博物館  自然博物館  貝殻博物館  金州博物館  
 街並み  ロシア風情街  南山旅遊風情街  アカシア通り  高爾基路の旧家屋  森ビル通り
 郊外  開発区  発現王国      
 イベント  花火・爆竹迎春会  アカシア祭  2004大連ウオーキング  国際マラソン  ファッション祭
 2007大連ウオーキング  大晦日  ビール祭り    
 その他  森林動物園  金州朝陽寺  女子騎馬隊  観光雑技  1996年の大連 
 大連京劇団  大連港    旅順 老鉄山温泉  聖亜極地世界
 大連女性騎馬警察訓練基地  ホテルの窓から  浜海路木桟道  きりこ屋  1997年の大連
 1998年の大連  1999年の大連  2000年の大連  2001年の大連  2002年の大連
 2003年の大連  2004年の大連  2005年の大連  2006年の大連  2014年3月の大連
 2014年3月2、3  2007年の大連


 
   青泥窪橋街 e

急速に変わっている青泥窪橋街です。道路が整備され、また大連新瑪特購休閑広場や地下商場もオープンしました。
 (2002.10撮影)
 
      中山広場

中山広場の朝の様子です。一日の活動が始まろうとする時間です。広場では出勤の人、踊っている人が見かけられ ます。
 (2004.05撮影)
 
 中山広場A

今なお変わりなく戦前の建築物が残されているのが、中山広場を取り囲む建築物群です。これは大連市が「大連市重点保護建築」として指定しているからです。今回は建築物を中心にお送りします。 
 
(撮影:2006.07)
 
 夜の中山広場

中山広場は朝、昼、夜と雰囲気が変わります。夜の中山広場はライトアップされた保存建築物と踊りや演奏が行われる音楽広場。夏休み期間中は遅くまで家族が楽しんでいます。
 
 テレビ塔〜労働公園 DalianTwer

2003年の撮影です。テレビ塔のある緑山からリフトで労働公園へ降りていきます。公園には色々な遊戯施設が揃っています。
 (2003.09撮影)
 緑山からの展望

テレビ塔の建つ緑山からの最新展望です。新しいビルがまだまだ多く建設されています。
 (2009.07撮影)
 
 朝の労働公園 Park

市民の憩いの場、踊りを練習する人達、二胡の演奏に合わせ歌を歌う人などのんびりとした日常が感じられます。
 (2005.08撮影)
 
 全日空杯マラソン大会

毎年10月の最終日曜に行われます。フルマラソンから車椅子まで多彩な種目があります。 日本からも毎年多くの方が参加しています。
 (2002.10撮影)
 
 ファッション祭

ファッション祭は体育場で行われる前夜祭から始まります。 星海会展での見本市やファッションショーなど二期に分けて盛大に開催されます。この画像では前夜祭、星海広場と中山路でのパレードを紹介します。
 (2001.09撮影)
 
 天津街

天津街は青泥窪橋商業街と1,2を争う繁華街です。天津街の西側入口は大連駅前の勝利広場の東端、ラマダホテルの横にあります。ここでの楽しみは露天店の雑貨を見て廻る事や中国国内外の小吃を食べ歩く事ではないでしょうか。
 (2008.06撮影)
 

 ホテルの窓から

大連への取材旅行で使用するホテルはいつもラマダホテルです。大連駅前の様子を定点的に撮っているからです。 ラマダホテルの西側の部屋から窓越しに撮影したビデオ(一部2階レストランから)をお見せします。
 (2004.05撮影)

 
 大連森林動物園 DalianZoo

アジアの中でもトップクラスの広さを持つ動物園です。通常の動物園とサファリパークがあります。園内の交通としてモノレール、山越えのリフトなど楽しめます。
 (2000.05、2004.06 撮影)
 
 2004年大連ウォーキング DalianWalking

第2回大連ウォーキングの様子です。大連市民が多数参加し、年々規模が大きくなってきています。日本からの参加者も見られました。
 (2004.06撮影)
 
 2007年大連ウォーキング

「2007年 IML第5回アカシアウオーク IN 大連」 は5/26(土)、27(日)に行なわれました。大連晩報によりますと初日の参加者は10万人とのこと。今回は集合場所である星海広場と5km種目の様子を追ってみました。
 (2007.05撮影)
 
 ロシア風情街 DalianRosianStreet

勝利橋(旧日本橋)の北側にある観光スポットです。元々古いロシア建築物のあった場所ですが、大改造してロシア風の観光街にしました。道一筋奥に入りますと今なお古いロシア建物が残っています。
 (2003年撮影)
 
 星海広場 DailianXinhaiPark

星海広場の周辺は建物が次々と建てられています。イベントホ ールは星海会展に加え大連世界博覧広場が造られました。
 (2005撮影)
 
 人民広場と女子騎馬隊

行政の中心、人民広場の朝のひと時です。旧日本統治時代の建物が現在も使われています。毎日朝9時過ぎになりますと女子騎馬隊が来て広場の周囲を巡回します。
 (2005。08撮影)
 
 日本風情街〜児童公園 DalianJapanStreet

戦前日本人住宅の集まっていたあたりに日本風の街並を再現しています。付近にはまだ一部の住居が残っていますが取り壊しが進んでいます。児童公園は綺麗に変貌しました。
 (2005.08撮影)
 
 星海公園 DalianXinhaiPark

星海公園、戦前は星ヶ浦と呼ばれ海水浴場として有名な場所だったとのことです。現在は遊園地や聖亜海洋世界(水族館)も有り、近くの博物館や星海広場を合わせ家族で十分一日を楽しめる所となっています。
 (2005.08撮影、聖亜海洋世界(水族館)部分は2002.10撮影)
 
 現地オプショナル 雑技

大連には大連雑技団が有るとは聞いていますが見たことがありません。このの雑技は他の省からの出稼ぎ?雑技団です。場所は大連世界貿易大厦の56階でラウンジのような部屋です。飲み物とおつまみ付き。お客は当方を含め10名ほどでした。雑技団と言っても演技者はたったの5名ですが入れ替わり立ち代り、上海雑技にも負けない好演技でした。 
(2005.08撮影) 
現在場所が変更になっているようです。
 
 東海公園 海之韻広場

東海公園 海之韻広場は大連駅からの路面電車203路終点にあります。東海公園の広さは4.6平方kmで海之韻広場はその入口周辺部のことを言います。公園内にはいろいろなモニュネント(銅像)が置かれていて、本物と錯覚してしまう程です。
 (2005.08撮影)
 
 夜の天津街

夜の天津街はいつも多くの人で賑わっています。共働きが普通のせいか夕食を外で取ることが多いのも関係しているようです。一般雑貨の露店と中国各地の料理が揃っているので特に人気があるのでしょう。 (2006.07撮影)
 
 大連駅〜金州駅

前日大連駅で切符を購入し、翌日およそ30分先の金州に行きました。駅の待合室での音楽に合わせた駅員の行進や車両ごとに女の車掌さんが付いていて降りる時には席まで知らせに来てくれること。車内(軟座)ではBGMがひっきりなしに流れる様子は日本と違った雰囲気があります。
 (2006.07撮影)
 
 大連自然博物館

台風の余波を受けてかなり強い雨が降り、せっかくの撮影も屋外ではこのような状態です。
大連自然博物館は面積1.5万平方メートル、収蔵標本20万余点。入館料30元 

 (2006.07撮影)
 
 中山公園と華宮

中山公園は大連電視台(テレビ局)のすぐ南側にあります。中山公園は戦前聖徳公園と言われていました。公園の中には革命の勇士孫中山の銅像や旧太子堂が今でも残っています。
華宮は中国古建築を模して造られたもので中にはホテル、お寺、古文化一条街(古物販売店街)があります。
 (2006.07撮影)
 
 金州博物館と朝陽寺

金州は2000余年の歴史ある古城の街です。市内中心部にある金州博物館は旧「金州民務会」の建物を使用しています。考古発掘物や古城の再現模型など展示されています。
朝陽寺は金州の街からタクシーでおよそ30分の大黒山麓です。明代に建てられたそうです。周囲には唐王殿、卑沙城、観音閣があります。
 (撮影:2006.07)
 
 開発区

2006年7月にまた開発区を訪れました。これで4度目となります。
今回は炮台山公園から歩いて繁華街(遼寧街)に、ぎょうざの王将で昼食後保税区へ。保税区は休日とあって人もまばらでした。
    
 (撮影:2006.07)
 
 大連現代博物館

星海広場の入口を入った所に現代博物館があります。
現代博物館は一階から四階まであり、大連市の歴史的過去から現在・未来までや、飛躍的に発展している経済情況、ロマンの都を展示表現しています。
 大連はどんな街かをここに来れば理解できることでしょう。
 (撮影:2003.08、2006.07)

 
 大連の旧暦大晦日

大晦日の2月17日、繁華街はいつもの賑やかしさは無く閑散としていました。そして夕方から正月に変わる0時に向けて大連の街は爆竹と花火の嵐となりました。
 (撮影:2007.02)

 
 2007年大連花火・爆竹迎春会

大連の一大イベント大連花火・爆竹迎春会」は旧正月2日目のは2月19日に開催されました。労働公園での歌舞演奏と開会式。星海広場で花火大会が行われましたので見学して来ました。
 (撮影:2007.02.17)
 
 高爾基路の旧家屋

戦前の旧家屋は取り壊しが進んでいますが、現在(2007年時)比較的まとまって残っているのが高爾基路沿いです。高爾基路は星海広場方面より青泥窪へのバスが通る東方向一方通行の道路で22路、406路バスなどが走っています。また、この道はアカシアの時期はアカシアのアーケードとなりとても綺麗です。  
 (撮影:2007.02)
 
 2007年アカシア祭

2007年アカシア祭は5/25の開会式でスタートし、日本風情街や労働公園などでいろいろな催しが行なわれました。街中では時期が早いのか遅いのかアカシアの花がちらほらでちょっと残念した。丁度ジャパンウイークとアカシア・ウォーキングが重なり多くの日本人を見かけました。 
 
(撮影:2007.05)
 
 金石灘 発現王国

大連駅から軽軌(郊外電車)で終点の金石灘駅へ、駅からバスで発現王国に行きます。テーマパークとして2006年にオープンしました。多くの遊具設備もありますので半日は十分過ごせます。  
 (撮影:2007.05)
 
 西安路商業街

大連駅周辺の青泥窪橋商業街や天津街に次ぐ商業街が西安路商業街です。マイカル(日本のマイカルとは異なります。)、カルフール、パークソンなどの百貨店や電子関係の電子城、スーパーなどあります。場所は路面電車201路の興工街、202路の興工街、錦輝商城下車。 (撮影:2007.05)
 

 老虎灘海洋公園

老虎灘海洋公園には極地館、海洋動物館、ロープウエー、観光船などありますが、その中にあります珊瑚館を紹介します。珊瑚館は熱帯の珊瑚が200余種類あると書かれています。また、ガラス越しに水中演技を見ることができます。
 (撮影:2007.05)
 
 路面電車203路

路面電車は3路線ありますが、大連駅(火車駅)〜東海公園の203路は戦前旧日本統治時代の車両を保存しつつ使用しているレトロ路線です。大連駅はラマダホテルの北側。運賃は全線1元です。
 (撮影:2007.05、2006.07)
 
 港湾広場と大連港

大連港は戦前中国東北部(満州)への玄関口として活躍しました。現在では工業都市でもある大連の輸出入港で中国有数の貿易港でもあります。港湾広場はちょうど大連港の入口にあたり、旧取引所や旧大連税関の建物が現存しています。
 (撮影:2006.07、2005.07)
 
 大連駅北側(駅裏)

軽軌2号線の大連駅開通に合わせ駅裏は綺麗に整備されました。地下街も出来ましたし、双興商品城(大菜市)へも行くのに便利になりました。観光客はあまり双興商品城へ足を運びませんが、日用雑貨、お土産物、食料品など安く売られています。
 (撮影:2005.07)
 
 大連の乗り物 バス

大連の代表的公共交通機関と言えばバスです。市内、郊外行き、遠距離と路線はものすごく多くあります。市内路線では路線ごとに車体の図柄が異なっていますので慣れれば見分けが簡単にできます。また、観光地を一巡し、その日内であれば乗り降り自由の旅遊バスが大連駅から出ています。 
 (撮影:2005.07〜)
 
 友好広場

繁華街の青泥窪橋と中山広場の中間にあります。広場の真ん中の水晶球のモニュメントが象徴的です。広場の周囲には映画館やホテル、ケンタッキー、数軒の写真屋があります。
 (撮影:2006.07〜)
 
 アカシア通りと旧家屋

「アカシアの大連」と言われるようにアカシアの季節は白い花が咲きほこります。「アカシア通り」はオリンピック広場の南西方向の正仁街にあり、付近にはまだ戦前の家屋も多く残っています。
 (撮影:2007.05、2006.07)

 
 路面電車 7-2268号車両

日本統治時代に造られた路面電車。その歴史的な写真を展示しているのが201路を走る「7-2268号車両」です。
 (撮影:2008.06)
 
 旅順 老鉄山温泉

大連市内からおよそ1時間、旅順市内よりまだ西に行ったところの山の中にあります。日本人オーナーの日本式の温泉です。
 (撮影:2008.06)
 
 大連京劇団 麒麟舞台

大連京劇団は戦前の東本願寺の建物を使って演じられています。当日の演目は「上天台・打金磚」主演は王墨さん。
 (撮影:2008.06)
 
 大連女性騎馬警察訓練基地

メインは女性騎馬隊の演技ですが、仮装して馬に乗ったり女警さんと写真を撮ったりで結構楽しめます。
 (撮影:2008.06)
 
 大連世界和平公園

旅順口からバスで40分?ぐらい西方向に行った所の旅順開発区に大連世界和平公園があります。公園内は世界各国の要人の銅像、娯楽施設それに広い砂浜海岸があります。
 (撮影:2008.06)

 
 大連貝殻博物館

星海広場の南東に隣接しヨーロッパの古城を思わせる建物の中に大連貝殻博物館があります。世界各地の海の珍しい貝など5000点余りを収蔵しています。巡回観光バスで途中下車しました。入場料は30元。 現在ここにはありません。別の場所に建築中です。
 (撮影:2008.06)
 
 旧連鎖街

大連の繁華街、大連駅の南側になぜか戦前の建物が残っている区域があります。そこが旧連鎖街です。戦前には東京の銀座までとはいかないまでもかなりの繁華街だったそうです。今でも「連鎖薬店」と言うお店があって昔の名残も見られます。
繁華街の真ん中でいつ再開発が行われるのか、そう遠くないことででしょう。 
 (撮影:2008.07)
 
 周水子国際空港

周水子国際空港は大連の玄関口で日本からは成田、関空、中部など9つの空港と結ばれています。空港前の広場から見て1階が到着ロビー、2階右側が国内線出発ロビー、左側が国際線の出発ロビーとなっています。コンパクトな空港ですが建物は大変近代的に造られています。 2011年9月6日に空港ビルの増床が完成しました。 (撮影:2008.06)
 
 戦前の建物@

戦前に建てられた建築物を紹介します。第1回目は「旧聖徳太子堂」「旧大連取引所」「旧大連日華自動車学校」「旧春日小学校」。
それぞれ趣きと歴史を感じさせます。
 
 2009年大連国際ビール祭り

今年で11回を迎えるビール祭り。夏休み期間中でもあり会場の星海広場は夕方からの人出はすごいものでした。各ビールメーカーはブースを構え演奏を行ったりで呼び込みに懸命でした。
 (撮影:2009.08)
 
 快軌3号線 大連〜金石灘

大連の郊外電車「快軌3号線」は大連駅の裏側にあるホームから日系企業が多い開発区を経由して金石灘へ52分で運行されています。また開発区からは金州区へ支線で接続されています。金石灘には大連のディズニーランド「発現王国」や海水浴場など大連の有名観光地となっています。 (撮影:2009.08)
 
 旧満鉄アジア号

大連ーハルピン間を走った特急アジア号。流線型で非常に大きな蒸気機関車「パシナ型」です。大連の操車場にひっそりと展示されています。
 (撮影:2009.08)
 
 旧満鉄本社跡

満鉄本社(旧南満州鉄道株式会社本社 現、大連鉄道有限公司)は1906年に設立されました。建物は当時の姿をまま保存されています。
大連満鉄旧跡陳列館には写真パネルや紋章入りのマンホール、鉄道関連品などが展示されています。(撮影禁止でした。)その他総裁室や当時使用されていた食器類の販売を行う所もありました。
 (撮影:2009.08)
 
 浜海路木桟道

浜海路の星海湾大橋から海之韵公園までの約21kmに木製歩道があります。ここ浜海路沿いには海水浴場や森林動物園、北大橋、老虎灘公園など観光名所が数多くありますので巡回観光バス(旅遊環路)を利用して訪れてはどうでしょうか。一日券で乗り降りしながらこの歩道も歩くと気分も爽快ですよ。 (撮影:2009.08)
 
 燕窩嶺婚慶公園

大連の南海岸に沿って走る道路が浜海路。北大橋の西に燕窩嶺婚慶公園があります。
海燕が海岸断崖に巣を作っていることから燕窩嶺と言われています。結婚を祝う公園としても有名で新婚カップルが良く訪れます。
 (撮影:2009.08)
 
 森ビル通り(ジャパンストリート)

日本企業が多く事務所を構える大連森ビルの一筋北側に「森ビル通り」(ジャパンストリート)があります。
明るい時間は人もまばらですが、夜になりますと駐在員や接待、観光客で賑わいます。
 (撮影:2009.08)
 
 2階建て16路バス

路線バス「16路」は春海街〜中山広場〜星海会展中心(一部星海浴場)を走っており観光地に行くには便利な路線です。友好広場から星海会展中心まで乗ってみました。
 (撮影:2009.08)
 
 きりこ屋

大連のお土産の一つに切子グラスはいかがでしょうか。紹介します「きりこ屋」は超一級品とは言えませんが手軽な価格で売っています。場所は路面電車勝利橋から友好広場方向の友好路を行きますとすぐ左側(東)にあります。友好広場や天津街からは友好路を勝利橋方面に歩いて下さい。 (撮影:2009.08)
 
 快軌3号線 開発区〜九里

快軌3号線は大連駅〜開発区〜金石灘と支線に当たる開発区〜九里とからなっています。電車は郊外の畑風景の後、金州区の街並みが現れます。終点「九里」は金州区の北部郊外にあります。
大連駅〜九里駅 所要時間50〜55分、運賃7元
  (撮影:2009.08)
 
 旅順 関東法院旧跡陳列館

1907年9月に竣工。1909年10月朝鮮の独立運動家安重根が伊藤博文を暗殺し、1910年2月にここ旅順の関東都督府地方法院(関東法院)で死刑判決を受けたことで有名です。建物は当時の形を保っており、館内は当時の様子をうかがいさせる写真や資料が展示されていました。   (撮影:2010.08)
 
 香炉礁駅周辺

快軌3号線大連駅の次の駅が香炉礁駅。市内中心部から空港に行く時立体交差道路がありますが、その周辺が香炉礁です。駅東側にはIKEA、METRO、大連旧貨市場があります。IKEAは日本にあるのとまったく同じです。METROはドイツ系の大型マーケット。旧貨市場は古物の露天マーケットです。   (撮影:2010.08)
 
 鉄路 大連〜旅順

列車に乗って旅順まで行ってみました。大連発06:35の普通列車で旅順着が8:19。1時間44分の列車の旅になります。運賃は4.5元(およそ60円)の安さです。駅はプラットホームの無いところも多く、また木々や畑の中を走るところはローカルの雰囲気満点です。そして旅順駅は風格からして歴史を感じさせてくれました。   (撮影:2010.08)
 
 民主広場周辺

路面電車大連駅から東に2つ目の駅が「民主広場」です。広場に面した電車分公司の建物は1907年に建てられた大連電気作業所で今なお健在です。船舶麗湾大酒店や飲食街の「経典生活」もあります。また、民主広場はフラマホテル、シャングリラホテル、日航ホテルも近く、「経典生活」は日本人客が多く利用しているようです。   (撮影:2010.08)
 
 旅順 勝利塔〜白玉山

旅順の街をぶらぶらと歩いてみました。戦前の建物だまだ多く残っていました。
  (撮影:2010.08)
 
 戦前の建物A

戦前の建築物である「大連基督教会堂」「英国匯豊銀行(香港上海銀行)大連支店」「大連・埠頭ホテル」「大連・ダーリニー市役所」を紹介します。「大連・埠頭ホテル」「大連・ダーリニー市役所」はロシア統治時代に建てられたものです。  (撮影:2009.08)
 
 1996年の大連

1996年、中国の経済が急激に高まり始めた頃のように思えます。以降毎年大連を訪れていますが、街は大きく姿を変えて来ました。当時、青泥窪橋周辺は中興、大連商城が大きな百貨店で勝利広場は建設中、マイカルも百年城も新瑪特も以降の建物です。交通面では車の量が当然ですが少なく、驚くことに交通信号がありません。その代わりに朝晩は警官による交通整理が行われていました。  (撮影:1996.02,07)
 
 戦前の建物B

中山広場近くの「英国聖公会礼拝堂」(現在の基督教玉光街礼拝堂)、魯迅路の「旧ソ連領事館」、「満鉄大連図書館」(現在の大連図書館魯迅路分館)と旧名称の不明な建物を紹介します。旧満鉄大連図書館の向かいには良く知られた旧満鉄本社もあります。  (撮影:2010.08)
 
 東関街の旧家屋

路面電車で大連駅から西に一つ目の停留所が「東関街」です。戦前、このあたりは中国人が多く住む中華街で「小崗子」と言われ大きな市場があったそうです。 (撮影:2009.08)
 
 戦前の建物C

満鉄中央試験場(竣工:1919年)、南満洲工業学校(竣工:1913年)、伏見台小学校(竣工:1918年)、大連一中(竣工 1918年)を紹介します。場所は森ビルの西方向にあたります。  (撮影:2009.08)
 
 戦前の建物D

旧関東州庁(大連市人民政府)、旧関東庁地方法院(大連市中級人民法院)、旧警察訓練所(大連市公安局)。人民広場で今なお活躍している戦前の建物です。ただ、外観はそのまま残して見えない所は大幅改装しているようです。(撮影:2009.08)
 
 戦前の建物E

旧満州中央銀行大連支店、旧原田商事本店、旧宏済大舞台、旧大連中央郵便局、旧大連税関を紹介致します。人民路(旧山縣通り)の旧満州中央銀行大連支店、旧原田商事本店、旧大連税関。中華料理の「天天漁港」は旧原田商事本店です。路面電車勝利橋(旧日本橋)の旧大連中央郵便局は現在も大連中央郵便局です。旧宏済大舞台は中山広場から民生街を北へ。最近綺麗に改装されました。(撮影:2009.08)
 
 聖亜極地世界

星海公園の東に聖亜海洋世界(水族館)、聖亜極地世界(南極、北極の極地世界)、聖亜珊瑚世界の3箇所のテーマパークがあります。聖亜極地世界では珍しい生物が見られる他イルカのショーも行われています。(撮影:2010.08)
 
 戦前の建物F

遼東ホテル(現・大連飯店)竣工1930年、三越百貨店大連支店(現・秋林女店)竣工1937年、大連汽船本社(現・大連市房産局)竣工不明、満鉄大連医院(現・鉄路医院)竣工1925年をご覧いただきます。(撮影:2009.08、2010.08)
 

 ちょっと昔 1997年大連、そのA

経済発展の追い風に乗り空前の建築ラッシュに沸く1997年の大連です。この頃より大連の街の様子が大きく変わっていきます。 
そのAは老虎灘沖遊覧船のほか、その@未収録分の内容となっています。
 (撮影:1997.03,08)
 
 二七広場と三八広場

大きな広場は中山広場や港湾広場がありますが、規模的には小さいですが路面電車201路が通る庶民的な広場が二七広場と三八広場です。二七広場には温州商品交易市場や二七貿易大世界があり品揃えも多く衣服、かばん、靴など雑貨を安く買うことができます。また、三八広場には三八商場や直ぐ近くにカルフールがあります。 (撮影:2010.08)
 

 ちょっと昔 1998年大連 その@、A

この頃の変化としましては「勝利広場」の開業と「天津街」の改装?ではないでしょうか。ロシア街はまだ手付かずで以前の風景です。
五恵路に高架ができました。百年城のところは旧常盤小学校の校舎が見えます。大連商場やマイカルの東はまだ車道です。 (撮影:1998.08)
 
 ちょっと昔 1999年大連

この頃の変化は、「百年城」「太平洋百貨」建設地が整地されたこと、大連駅前に「宏孚国際ビル」建設のため旧連鎖街の一部が撤去され始めたこと、また、イトキンビル(現久光百貨)が建設中などです。 (撮影:1999.09)
 


 ちょっと昔 2000年大連 その@AB

本格的な建設ラッシュです。青泥窪橋商業街が大きく改造されています。また、この頃「裕景商場」と言うのがありました。CDやお土産品など安く売っていたのが懐かしく思われます。現在この場所は超高層ビルを建設中です。
オリンピック広場の大連体育場やフラマーホテル西の公園は現在ありません。五一広場や中山公園西側の街の様子も変化しているかもしれません。

 (撮影:2000.06)
 


ちょっと昔 2001年大連 その@AB

2001年の大連です。第13回大連国際ファッション祭り開会式・晩会と巡遊表演(パレード)の様子です。
そのAは主に開発区の様子です。
そのBは西安路ほかです。西安路の様子は現在とだいぶ違います。
 (撮影:2001.09)
 


ちょっと昔 2002年大連 その@AB

2002年10月27日に行われた第16回全日空杯大連国際マラソン大会の様子です。
そのAは路面電車に乗りました。大連駅から当時の終点駅寺児溝までです。後に東海公園まで
延長されました。
そのBは路面電車の当時の終点駅寺児溝から東海公園へ、そして烈士山、希望広場から大連港
へタクシーからの街の様子です。
 (2002.10撮影)
 


ちょっと昔 2003年大連 その@AB

大連西郊度暇村、現代博物館、星海城堡などもう無いところもあります。
そのAは2003年の植物園、旧日本人が住んだ家屋、テレビ塔からの展望、労働公園、連鎖街です。
そのBは人民広場前の婦警さんと女子騎馬隊、開発区の東山視景台からの展望、大連世界貿易大厦
からの展望など。この頃天津街は大改造中です。
 (2003.8撮影)
 


ちょっと昔 2004年大連 その@AB

天津街、民主広場付近、海軍広場、人民路などをご覧下さい。民主広場周辺は改造中の頃です。
そのAは空港から市内の風景、伝家庄公園、朝の労働公園です。
そのBは大連世界貿易大厦からの展望(現在はクローズ?)と青泥窪橋街周辺の様子です。

 (2004.5撮影)
 

ちょっと昔 2005年大連 その@A

2005年の開発区の様子です。日系企業をぶらり撮影してきました。
そのAは路面電車から見る戦前の住居が消えつつある風景、西安路、森ビル通り
(旧称ジャパンストリート)です。

 (2005.8撮影)
 
2014年3月の大連

五重塔を見てきました。希望広場のすぐ近くの松山寺です。そして、ますますの建築ラッシュ。500mを超える
ビルも建設中のようです。

 (2014.3撮影)
 

2014年3月の大連 16路バスの車窓から(1)(2)

 (1)星海広場〜人民広場

 (2)人民広場付近〜港湾広場付近

時間が無かったのでバスからの風景を撮影しました。来年には地下鉄が開通しているでしょうか。
希望広場のあたりで五重の塔が見えます。車と信号機が増えましたね。

 (2014.3撮影)
 

ちょっと昔 2006年大連 その@、そのA

 その@ 2006年の大連 バスで解放路を南下します。

 そのA 人民広場、労働公園、旧東本願寺周辺、西安路などです。

 (2006.7撮影)
 

ちょっと昔 2007年大連 その@、そのA

 その@ 快軌3号線に乗って金石灘に行ってきました。

 そのA 春節の時です。街がもやっているのは霧かと思っていましたが・・・。

 (2007.2撮影)
 


  大連を紹介しているビデオ  
 
  中国大連   観光用大連紹介映像です。
  迷人金石灘 郊外金石灘紹介ビデオ
  大連我永遠愛 大連を主題とした歌。ライブ収録です。
  扞衛我們的家園 同様に大連の歌です。バックに大連の風景が見れます。
     



HOME   大連の概要   観光map   買物map   料理店map   ホテルmap
航空情報   乗物便利帳   大連の風景   故郷大連   特派員便り   旅行記
リンク集   タイムスリップ   新聞の切抜   年間行事   役立つ本   開発区map
旅順map   動画で紹介   こんな観光   掲示板   中山広場一周   市内展望
大連Q&A 電話便利帳 ラジオを聞く 大連観光地図 文化センター