大連出身者  
大連で過ごした人
余り知られていない事柄
大連市名誉市民
そのほか


大連出身者
  稲嶺 恵一     沖縄県知事    昭和8年(1933年)10月14日生まれ。旧満州・大連出身  <詳細>  
姜暁艶 二胡演奏家 医学博士 大連出身。1997年来日から日中友好活動として各地に演奏活動をしている。 <詳細> 
清岡 卓行 小説家 大連生まれ。戦後、詩人としてデビューし、敗戦で失われた故郷と亡き妻への思いを描いた小説「アカシヤの大連」で1970年に芥川賞。 <詳細>
閻杰 中国性琵琶演奏家 大連市生まれ。姉の影響で7歳から琵琶を始める。来日後、大阪教育大学大学院入学、専攻は音楽教育。同大学卒業後、琵琶演奏活動を広く展開し、各新聞に紹介され、テレビ・ラジオにも出演。 <詳細>
桂 米朝 落語家 父親は中国・大連で一時、郵便局長だったから、大連生まれ。1996年に人間国宝(古典落語)。2002年に文化功労者。 <詳細>
 
大連で過ごした人
遠藤 周作 小説家 1926年父の転勤で旧満州関東州、大連に移る。大連市大広場小学校入学。成績悪し。犬のクロが親友。 <詳細>
山田 洋次 映画監督 2歳の時、満鉄技術者だった父に従い満州に移住、14歳までの多感な時期を過ごす。山田監督の代表作は勿論『男はつらいよ』、そして『幸福の黄色いハンカチ』、三部作とされる『家族』『故郷』『同胞』ということになる。 <詳細>
秋吉 敏子 ピアニスト 1929年12月12日旧満州、遼陽に生まれる。小学校の時に家族で大連に移り、大連音楽学校を卒業する。日本を代表するジャズピアニスト。 <詳細>
三木 卓 小説家 1937年日中戦争のさなか、満州に移住。大連に住む。1973年少年期の原体験に根ざした「鶸」で芥川賞を受賞。「鶸」「朝」などを収録した「砲撃の中で」を発表。1999年紫綬褒章受章。 <詳細>
円生と志ん生 落語家 敗戦まもない大連の街。関東軍の敗走で、街に取り残された多くの日本人のなかに、孝蔵(志ん生)と松尾(円生)がいた。 <詳細>
三船 敏郎 俳優 1920年、中国の三東省青島に生まれる。大連へ移り住んだ後、写真業を営む父・徳造の手伝いを大連中学を卒業後にするようになる。 <詳細>
ジョージ川ロ ドラムス

わが国を代表する偉大なドラマー。大連で終戦を迎え、その時期にジーン・クルーパのドラム・ソロを映画で観てドラマーを志す。 <詳細>

大来佐武郎 エコノミスト 1914年に、この大連市に生まれました。大来先生は第二次大戦後の日本を代表するエコノミストであり、経済成長政策の真のリーダーでありました。大来先生は田中角栄内閣時代、海外協力基金総裁として日中経済関係の発展に尽くされました。 <詳細>
 
余り知られていない事柄
特急「あじあ」号 満鉄史の中で、ひときわ輝いたのが、特急「あじあ」号です。平均時速82.5km、最高時速120km当時国内最速だった超特急「つばめ」が平均時速60.2km、最高時速 95kmですから、「あじあ」の水準の高さが分かります。 <詳細>
パシナ型蒸気機関車が大連市内の操車場に保存されています。この操車場も戦前に使われていた建物です。 <動画
大連中央放送局 JQAK大連中央放送局。日露戦争後に日本が施政権を得て統治していた関東州(遼東半島)では、1925年8月9日に大連放送局(JQAK)が周波数770kHz、出力5kWで放送を開始しました。 <詳細>
高校野球 第12回(1926年・大正15年)参加校数337。優勝 静岡中学(静岡)、準優勝 大連商業(満州) <詳細>
都市対抗野球大会 第1回優勝(1927年) 大連市・満州倶楽部(満州) 第2回優勝(1928年) 大連市・大連実業団(満州) 第3回優勝(1929年) 大連市・満州倶楽部(満州) <詳細>
北九州市立国際友好記念図書館 大連市と北九州市の友好都市締結15周年を記念して、両市の文学的・歴史的に意義のあるシンボルとなるように、大連市にある旧・東清鉄道汽船会社事務所を文献資料や実測調査を基にして建設当時の近い形で複製建築されました。 <詳細>
地下壕 大連賓館の地下からおよそ20km。タテ2m55cmヨコ1m30cm。途中よりタテ、ヨコ3m。地面までの距離約10m。出口に達するとそこは天津街百貨商店の地階であった。 清岡卓行「大連の海辺で」より <詳細>
2005優良居住環境"ランキングで、大連が首位 7項目の都市ランキング評定において大連が6項目のベストテンに入選 <詳細>
開発区、保税区、輸出加工区日本企業 大連開発区に進出している日本企業一覧。(いつ時点か不明) <詳細>
大連保税区に進出している日本企業一覧。 <詳細>
大連輸出加工区に進出している日本企業一覧。 <詳細>
 
大連市名誉市民 (全てでは有りません。) 2011.10.23現在の名簿一覧はこちら(中文)  
大山 健太郎 アイリスオーヤマ アイリスオーヤマ鰍フ大山健太郎社長が、中国の大連市より「大連市栄誉公民」(大連市名誉市民)の称号を授与 <詳細>
川畑 文憲 日中児童友好交流後援会 日中児童友好交流後援会の川畑文憲理事長が昨日、大連市の夏徳仁市長から「名誉市民」の称号を受けた。大連で105番目 <詳細>
丸橋 博行 第一建築サービス 第一建築サービス会長丸橋氏(大連市名誉市民)
片岡 政隆 日本アルプス電気 大連市名誉市民の日本アルプス電気会社の片岡政隆社長 <詳細>
井植 敏 三洋電機 三洋電機会長平成7年10月中国大連市名誉市民受賞 <詳細>
平野 浩志 損保ジャパン 損保ジャパンの平野浩志社長は、中国の遼寧省大連市から「大連市名誉市民」 <詳細>
加来 龍三郎 キャノン 中国大連市名誉市民(1993年)加来龍三郎キャノン名誉会長
森下 洋一 松下電器産業 森下洋一会長は「8年来、大連市はめざましく発展し、全世界の注目を集めてきた。大連市の「名誉市民」 <詳細>
大島 淳司 正興電機株式会社 大島 淳司氏福岡・大連未来委員会委員長・大連市名誉市民・正興電機株式会社 相談役) <詳細>
石本 正一 マルチ農業の開発、普及 石本氏は二十数年にわたり、一貫して大きな情熱を持って誠心誠意中国のマルチ農業の開発、普及に計り知れない貢献をし、一九八〇年、大連市から名誉市民の称号、九三年、中国国家科学技術委員会から中国国際科学技術協力賞を授与された。 <詳細>
大来 佐武郎 総合研究開発機構 大来先生は、この偉大な国際都市・大連市に生まれ育ったことを大きな誇りにされていました。「日本大連会」一かってこの大連で活躍された人達で結成されておられます。会長は大連市名誉市民であり、元国務大臣の井上孝先生が務められ、、戦後60年を経過していますが、今も熱心に活動をされております。 <詳細>
竹内 通教 伊万里市 大連市栄誉公民(名誉市民)の碑の中には、大連市と友好関係を始めた竹内通教の名前がありました。 <詳細>
向坊 隆 大連工学院 1985年  大連市栄誉市民 1985年  大連工学院名誉教授大正6年3月24日(1917年) 出生地 中国 大連市 <詳細>
二階 俊博 衆議院議員 二階団長主催の答礼夕食会の席で、夏市長は、二階代議士に対し、「大連市栄誉市民」の称号を贈り、今日までの大連市への貢献に、大連市を代表して感謝の意を表した。 <詳細>
大橋洋治 全日空 全日空会長大橋洋治成大連市第109位栄誉公民 <詳細>(中文)
 
そのほか
城之内早苗 CD「大連の街から」。所属する「プロダクション尾木」の尾木徹社長が大連生まれ。古い記事ですが <詳細>
松任谷由実 ユーミンの「大連慕情」 父よ あなたに似合ったのでしょう 春の大連・・ <詳細>


HOME   大連の概要   観光map   買物map   料理店map   ホテルmap
航空情報   乗物便利帳   大連の風景   故郷大連   特派員便り   旅行記
リンク集   タイムスリップ   新聞の切抜   年間行事   役立つ本   開発区map
旅順map   動画で紹介   こんな観光   掲示板   中山広場一周   市内展望
大連Q&A 電話便利帳 ラジオを聞く 大連観光地図 文化センター